土地の売買で注意しておくべきことについて

土地の値段は、他の財産と比べて高額です。そのため、購入する際には、その情報を慎重に確認しなければなりません。例えば、抵当権が設定されていた場合、所有者が変わっても抵当権は消滅しません。つまり、購入した土地の前の所有者が債務者となる抵当権が設定されていて、債務を返せなくなった時には、次の所有者に対して抵当権が実行される危険もあります。そこで、新所有者は、債権者に代わりに返済をして、抵当権を抹消してもらうように請求することができます。もちろん、ここで返済した債務の額は、本来旧所有者が返済すべきものです。そこで、債務を返済した者は、民法の事務管理や不当利得の規定を根拠として、旧所有者に対して自分が返済した分の債権を主張できることとなります。 土地の取引ではその他に、所有権についての登記があります。これは、現在誰が土地のオーナーかがわかるようになっています。そこで、購入する際には、夢権利者から購入してしまわないように、相手の戸籍謄本と登記事項を見比べて、真正な権利者がどうか確認すべきです。万が一無権利者から購入しても、土地の場合には即時取得が適用されませんので、所有権を得ることはできなくなります。したがって、取引においては注意深く確認することが必要です。

3081 6/4

Copyright ©All rights reserved.土地の売買で注意しておくべきことについて.